読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

実るほど 頭の垂れる 稲穂かな

f:id:kikuutan:20160624204107j:plain



なまじ立場があると、

つい横柄な態度になってしまうものです。



立場があると忙しいですし、

重要な案件をいくつも抱えていますから、

その対処で頭の中はいっぱいになってしまいます。



「何時までにあれをしなければ。」

「あの人にあの事を報告しなければ」

「上司にあの件ではお詫びしなければ」

といくつも抱えて歩いています。



そんな時、廊下ですれ違った部下や友人から挨拶されても

心ここにあらず、で

ついぞんざいになってしまいます。



本当は和やかに会話を交わせばいいのですが、

なかなか時間や心の余裕がありません。



「あの人ツンツンしていて、感じが悪い」

そう言われるはめになります。



こんなときにたいてい、

「俺の立場も知らずに勝手なこと言いやがる。」

と憤るものですが

やはりそう言われてしまうのは

自分が子供で、

未熟であることの証でしょう。



誰に対してでもわけへだてなく、

接することが出来るのは並大抵ではありません。



できる人が少ないから、

実行している人は光を放つことでしょう。



「実るほど 頭の垂れる 稲穂かな」



人を見下げる人は、

人から見下げられる。



人を見上げる人は、

人から見上げられる。



良いのも悪いのも、全ては自業自得です。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。