親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

相模原障がい者殺傷事件の容疑者に正当性はあるか

f:id:kikuutan:20160816200755j:plain

 

【人身受け難し(1)】

 

■殺人事件としては 平成に入って最悪の被害といわれる

相模原障がい者殺傷事件の容疑者の発言が物議を醸しています。

障がい者は いらない」

「税金の無駄」

「意思疎通ができない重度の障がい者は生きていてもしょうがない」

障がい者に使うお金をなくし、世界にお金が回るようにしたい」

逮捕されてから一貫して、障害者への殺傷行為の「正当性」を

主張しています。

彼が、正当だと信じているその思いが

ハッキリ間違いであることを、

あなたならどう言ってわからせますか。

 

「あんな殺人を犯せるのはおかしい、

あんな発想をする者は、どうかしてる」

と異常者扱いして片付けていい問題ではありません。

彼の主張をきちんと彼が納得できる形で否定できる人があれば、

あの惨事はなかったといえます。

 

ナチスは、ユダヤ人を収容所に送り、ガス室に送って

大量殺人するという非人道的な罪を犯しました。

その時、こちらはあまり知られていないことですが、

多くの障がい者ガス室へ送っています。

障がい者は社会には「無用」であり、

ドイツの発展のためにマイナスである、

よって生きる価値なしとの判断によるものでした。

ヒトラーも、ナチスも、それを支援したドイツ国民も、

信念に基づいて、そのような政策を冷静に判断しています。

あの時の彼らのまちがいをはっきりとわからせるには、

どうしたよかったか。

ヒトラーも、あの時のドイツ国民もどうかしてた、

で片付けていい問題ではありません。

 

■実はこの問題、身近なところにもあります。

高齢者の介護に使う日本の医療費は、今後ますます増えていきます。

そのしわ寄せで、税金は高くなる、年金ももらえない、となり、

消費の冷え込み、少子化の加速と問題が多いのに、

なぜ、寝たきりの老人をいつまでも延命させるのか、

これも本質的には同じ問題です。

「なぜ人は生きるのか」「なぜ人を生かすのか」

ここが問われているのです。

 

■「人命は地球より重い」といわれますが、

なぜ尊いのでしょう。

そう言われているから、そうなんでしょう、と

ぼんやりしているから、

このたびの事件のような者が後を絶たないのです。

 

■釈迦は、人間は生きなければならない尊厳な理由があることを

「人身受け難し 今すでに受く」と説かれています。

「人間に生を受けたことに、こんな尊厳な意味があったのか」と

知らされる仏教の教えが希求されています。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。