親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

教え子をねたむ師匠。愚痴の実態

f:id:kikuutan:20161006221410j:plain

【愚痴(3)】


■大学時代、教室の机に

『青は藍より出でて藍よりも青いので藍は困っている』

という誰かの落書きがあって、くすっと笑ったのを覚えています。

青色(紺色)の染料は、植物の藍を原料としていますが、

その染料で染めたものは、藍よりも青い、の意で

【弟子が師匠を凌駕する】ことを指します。

「藍」よりも青い「青」を「藍」はおもしろくない。

これも妬み嫉みの『愚痴』の心です。

 

■私は手塚治虫の漫画で育ったと言ってもいいくらい

手塚治虫は読み込んでいますが、

その手塚治虫石ノ森章太郎が生み出した仮面ライダー

幼い息子が目を輝かせて夢中になっている姿に、

血が出るほどの強い力でこぶしを握り締めながら、

我慢して眺めていた、というエピソードを聞いたことがあります。

石ノ森章太郎は高校生で投稿した漫画が手塚治虫の目に入り、

鉄腕アトム』のアシスタントを務め、

手塚の仲介で漫画家としてデビューしているのですから、

まさに愛弟子といっていいのですが、

そんな石ノ森に彼は文字通り血の滲むような嫉妬心を抱いていた、

というのですから驚きです。

 

■B・ラッセルが数学を教えていたとき、

後にハイデガーと並んで二十世紀最大の哲学者とよばれる、

ウィトゲンシュタインが受講をはじめました。

それからわずか一、二年のうちにラッセルは、

彼から鋭い批判を浴びせられるようになります。

ラッセルはそれから、ウィトゲンシュタインを口汚くののしり、

著作の一部から彼の名前を削除したと言われています。

 

手塚治虫にしても漫画界の巨匠であり、

B・ラッセルはノーベル賞作家であり、

泰然自若としてていい、盤石の立場だと思うのですが、

教え子から受けた屈辱は、赤の他人から受けるより

ずっと激しいものだったのでしょうか。

 

■弟子の成長を念じ、陰に陽に心をかけ、

頭角を現していくことに目を細めたこともあったでしょうに、

自分をも凌駕するようになると、

今度は怨みと妬みの心に身を焦がすようになり、

足を引っ張り、引きずりおろしたくなる。

これも愚痴の心いっぱいの、悲しい凡夫の実態です。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。