親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

中高年のアイデンティティクライシスは人生の好機でもある

f:id:kikuutan:20170116203659p:plain

 

【出世本懐(1)】


40代~60代の中年期は

「人生の午後」「思秋期」と言われるそうです。

女性なら、現実が見えてくるプロセスで、不安と葛藤を覚えます。

子供が巣立った後、潜在化していた夫婦の問題も表面化してきます。

「妻が急に冷淡になった」

「定年退職してぶらぶらしている夫がたまらない」

という声が聞こえます。

「熟年離婚」の危機です。

 

男性も退職してしばらくすれば、

経済力、コミュニケーション、運動能力

いろいろな面で老いを自覚するようになり、

喪失感を味わうようにもなってきます。

 

【生きる意味って何だろう】

と漠然とした不安が胸に去来するこれらを

中高年期における『アイデンティティクライシス』

ともいわれます。

 

私のメール講座を受講される方も、

退職されてからの学びに、と申し込まれる方が多いですが、

これら漠然とした不安がきっかけが仏縁となり

親鸞聖人の教えに触れられるのであれば

中高年期は人生における輝かしい転機ともなります。

 

=========

仏教に教えられた生きる意味を分かりやすく体系的に学べる

全20回の無料メール講座です。

今すぐこちらから。 

「一から分る仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:
 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。