読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

死ぬと肉体はなくなるが、問題は「私」がどうなるか、だろう

f:id:kikuutan:20170302210230j:plain

 

【生死の一大事(1)】


「生あるものは必ず死に帰す」

誰でも知っていることです。

死という壁にいつか必ずぶつかるということ。

私たちは死の壁に向かって

目隠しして走っているようなものといえましょう。

 

ではその壁にぶつかった、その向こう側は

どうなっているのでしょう。

【人間死んだらどうなるか】

あなたは考えられたことありますか。

 

オカルトでも話し出そうとしているのではありません。

冷やかしでもありません。

正真正銘、自分の将来に関わる大事な問題ではないでしょうか。

 

以下は友人が、お父さんを看取ったときに

言っていた言葉です。


=======


肉体はまだきれいにあるのに、

幾ら見つめていても全く動かない、動く気配もない、

これから先も二度と動くことはないと分かりました。

抜け殻同然でした。

 

しかし、ちょっと前まで動いて生きていました。

どんなに病状が悪化し、昏睡状態になっても抜け殻などと思わず、

確かに父はそこにいました。

 

今生は【父】という仮の姿をしていましたが、

【本当の父】は仮の姿を置いて、どこへ行ってしまったのか。

肉体は動かなくなっても、父が消えたとは思えませんでした。

 

周りを見れば、皆動いていて、

それを「生きている」といわれますが、

その肉体を動かしているものは何であるか。

 

自分の肉体もまた仮の姿で、必ず尽きる時がやってきます。

それを「死ぬ」といわれますが、

死ぬとそれまで肉体を動かしてきた〝本当の自分〟はどうなるのか。

そもそも〝本当の自分〟といわれる実体は何であるのか。

考えれば考えるほど分からず、

奇妙な感覚に陥ります。」


=======


生まれて、生きて、死ぬのは、肉体の問題。

仏教で問題にされているのは肉体ではなく、

過去・現在・未来を貫く【本当の自分】とは何か、です。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。