親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

権力を持たせてはいけないタイプとは

f:id:kikuutan:20170629210455j:plain

 

 

【悪性(2)】


「権力」とは、「自分の思い通りにする力」のことです。

権力がない人は、自分の思い通りには事は運びません。

何かと周りからも反対され、数々の規制も受け、

思った通りには行動できません。

 

ところが権力者のやることには、周りも悪く言わず、

むしろ称賛され、進んで協力する人も多いので、

思った通りにできます。

邪魔する法の規制があれば、それを改訂して、

自分の望むことを実現させることもできるのが権力です。

 

思い通りにしたいと志すその人の「思い」が正義ならば、

権力を持つのは良いことではないかとの主張もありますが、

私たち人間の「思い」とは、「正義」と呼べるような、

人に誇れる立派なものでしょうか。

人の物でも自分の物にしたい、

邪魔者はいなくなってほしい、

優れた人を見ると、失敗してほしいと願い、

不幸な人を見ると、面白がる。

そんな醜い「思い」がうごめいているのではないでしょうか。

 

「いや、おれはそんな醜いことは微塵も思ってない。

私利私欲は一切ない。100%正義を思う心しかない。

だからオレに権力をくれ」

と心底から言っている人がいたら、

自分の醜い心に気付いてもいない人なのだから、

自制する心もないでしょうし、

余計そんな人に権力を与えるのは怖いです。

 

せめて己の醜い本性を見つめ、権力の魔力を知っており、

危ないものを手にする覚悟のある人でないと、

権力を持つ上の立場に立ってはならないでしょう。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。