親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

癌の恐怖を解決するために、先ず知らなければならない事実とは

f:id:kikuutan:20170906202346j:plain

 

 

 


【後生の一大事(1)】


がん治療の現場では、

「通常医療ではダメだ」という人と、

「代替療法はあてにならない」という人が、

侃々諤々(かんかんがくがく)言い合っています。

 


代替療法を主張する人も、その方法となるとさまざまで、

食事で、カウンセリングで、漢方で、気功で、温泉で、催眠で、

と多くの主張に目移りします。

一口に食事療法といっても、キノコだ、水だ、果物だ、と

またいろいろあります。

そしてそれぞれのやり方が「がんが消えた!」を宣伝文句に

「医師も認めた」「データで証明」「治った体験談」があり、

そうかと思えば違うサイトでは

「浅薄な屁理屈を並べたインチキ」「誇大広告だ」

とも言われています。

 


本当にがんが消えるのなら、と

いくらでもお金を出す患者がいますから、

がん医療ビジネスに乗り出す人は後を絶ちません。

食事でがんを治すとうたった本は、定番の売れ筋本です。

毎年、何かの治療法がブームになって、

カリスマ扱いされる人がメディアに登場します。

 


さて、本当に効き目があるのはどんな治療法なのか、

ここに患者は真剣に悩みます。

どの治療法を取るか、その取捨選択には、

自分の命がかかっているのですから、真剣になって当然です。

お金や時間を惜しむところではないでしょう。

 


しかしよく考えてみれば、たとえがんが治っても

再発するかもしれません。

再発はしなくても、病気はがんだけではありません。

またいつどんな病気になるかわかりません。

 


さらにいえば、病気が治っても、死ななくなったのではありません。

いつかは必ず何かの病気か事故で死ぬのです。

がんは脅威ですが、がんに怯える人の、その真のおびえの原因は

「独りぼっちで死んでいかねばならない」厳粛な事実であり、

「死んだらどうなるのか」未来真っ暗闇の怖れだと、

釈迦は喝破しました。

人間の真の脅威は「死」だと見抜かれた釈迦は

これを「生死の一大事」「後生の一大事」と言われました。

この一大事の解決一つを目的にしているのが、仏教の教えです。

 

=========

仏教に教えられた生死の一大事の解決の方法を分かりやすく体系的に学べる

全20回の無料メール講座です。

今すぐこちらから。 

「一から分る仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:
 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。