親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

アフリカの天然資源の権益争い

f:id:kikuutan:20171013203138j:plain

 

 


【小慈悲(1)】


アフリカの発展途上国には、

天然資源に恵まれてはいても、採掘技術がないために、

世界の最貧困国の一つになっている国が少なくありません。

そこに欧米や中国の企業が利権を求めて群がってきます。

それら外国企業の参入を資源の略奪と捉え、断固拒否する人は

「この国は貧しい。この国がきちんと教育を受け、福祉も整い、

国際社会でも誇りを持って対等に他の国と接するには、

天然資源を自分たちで採掘し、経営していかねばならない。

今のままでは外国に食い尽くされるだけで、

形を変えた植民地と等しい」

と主張します。

 


しかし一方で反対意見もあります。

「この国には十分な採掘技術がない。

外国企業の力を借りるしかないではないか。

こうしている間にも、子供たちが疫病や飢餓で死んでいる、

彼らを救う薬も食料もこの国にはない。

外国企業の資金援助や補償金を受け、

国民を助けなければならない」

といいます。

 


いずれの主張も国の発展を願い、

国民のことを思っての意見なので、

お互いが「正義は我にあり」と譲らず、

両者は紛争にまで発展しています。

 


親鸞聖人は人間の慈悲を

「この慈悲始終なし」と歎異抄にいわれています。

どんなに相手のことを思って、何とか助けたいと努めても、

完成がない、卒業がない、これで完璧ということはない、

必ず様々な問題が出てきて、いびつな面が表出する、

それが人間の慈悲の実態だと教えられています。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。