親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

大人の自慢話テクニックあれこれ

 

f:id:kikuutan:20180228192122j:plain


【慢(1)】


「口さえ開けば自分の自慢」が私たちです。

もちろん小学生のように

「ぼくねえ、一番だったよ」「ぼくねえ、すごいんだよ」

と露骨な自慢話しはひんしゅくを買うので控えますが、

大人になると遠回しに自慢する術を覚えます。

 


自慢話しの大人のテクニックを3パターン、紹介します。

1.自分が自慢できる話題になるように持っていく

2.人を批判し、自分はそうでない人間であることを自慢する。

3.卑下しながら実は自慢

 


1の「自分が自慢できる話題になるように持っていく」というのは、

「オレの場合、○○してるんだけど~(以下、自慢)」というケースですね。

その持っていき方がスムーズな人は会話上手と見なされますが、

強引に短絡的に持っていく人は

「あいつ、すぐそっちの方向に話しを持っていくから」

と失笑をかうことになります。

 


2の「人を批判して、自分を上げる」パターンは、

「最近の若い者はすぐあきらめる。自分たちの時は~(以下、自慢)」

「ここは打って出るときだろう、こんなことはオレにもあった。あの時は~(以下、自慢)」

というもの。

先輩、経験者の適切なアドバイスともいえますが、

得意然と自慢話しているに過ぎないこともあるので、自戒したいところです。

 


3の「卑下しながら実は自慢」というのは、

卑下しているように見せて、遠回しに自慢する、というテクニックです。

 


ある女子会で、最近恋人ができた一人が言ったそうです。

「でも、何で私なんだろうって思って。彼だったらもっと素敵な人が一杯いるだろうに」

これも一見、自分を卑下している台詞ですが、露骨な彼氏自慢です。

 


居酒屋でサラリーマンが

「あいつみたいに人間関係を上手に立ち回れないから。オレ、不器用だし」

と言っているのもそうです。

卑下しているように見せて、内心は、

根回ししなくても実力が認められていることをアピールしていたり、

誠実さを自慢しているのですから。

 


こんな落語もあります。

ある寺で説法の終わったあと、僧侶にあるお婆さんがぺこりと頭を下げてこう言った。

「私ほど悪い者はおりません」

それを聞いた僧侶

「そうか、ばあさん、実は他の人もあんたほど悪い者はいないと言っとるぞ」

と言うと、たちまち顔色を変えたお婆さん

「誰ですか!そんなことを言っているのは!」

と詰め寄る。

僧侶が

「ばあさん、冗談じゃよ。あんたほど頭の低い、謙虚ないい人はいないと皆言っているんだよ」

と笑うと、お婆さんは

「なんだ、住職さん、あんまり驚かさないでくださいよ」

と言った、という話しです。

 


「口さえ開けば自分の自慢」だなと知らされてくると、

何もしゃべれず、何も書けなくなってしまいそうですね。

 


親鸞聖人が「親鸞さらに私なし」と、

ご自身のことをほとんどと言っていいほど語られなかったのは、

「名利の大山に迷惑す、恥ずべし、傷むべし」という、

自慢したい心を恥じるお気持ち、大きな山ほどある自己顕示欲への懺悔があったと思われます。

 

=========

 

(漫画でわかるシリーズ【卑下慢】
謝罪したときに心に出てくる『卑下慢』とは | 「親鸞の教えとは」無料メール講座

 

仏教の教えを分かりやすく体系的に学べる
全20回の無料メール講座です。
おもしろそうだなと思われた方はこちらから登録できます。
登録解除もいつでも自由なので、一度お試しに覗いてみてください。

 

「一から分かる仏教」無料メール講座
メールアドレス:
お名前:

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。