読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

「なぜ自殺してはいけないのか」親鸞聖人の答え

f:id:kikuutan:20151110221523j:plain

 

■サンフランシスコの美しく巨大な橋

“ゴールデンゲート・ブリッジ”はアメリカを代表する観光名所です。

この橋をテーマにしたドキュメンタリー映画『ブリッジ』は、

上映拒否が相次ぎ、世界中で激論され、

賛否両論がまっ二つとなりました。

実は、ゴールデンゲート・ブリッジは、

有名な観光名所であるとともに、

世界最大の自殺の名所でもあります。

そこで繰り広げられる人間の根本的社会問題を1年間撮り続け、

映画史上、初めて向き合った映像の連続が『ブリッジ』なのです。

監督のエリック・スティールはインタビューに、こう答えています。

記者:「なぜ、こんなにも多くの人たちが自殺していくのですか」

監督:「この世界に、彼らを“引き留めるもの”が無い

    ……それだけだ」

 

■あなたも死に急ぐ若者があれば

止めようともするでしょう。

その時、

「なぜ、死んではならないの?」

と問われたら、

なんと答える準備がなされていますか?

自殺を思いつめている人だって、

自殺してはならないと聞いているし、

周りの人の気持ちを考えてもいけないことだと

感じてもいるでしょう。

でも、死んで楽になりたい。

真剣な自問自答で、

眠れぬ夜に繰り返している。

そんな人に安易に「死ぬな。」といえば、

「なぜ、生きなければならないの?」

と返ってくるでしょう。

「だって命は尊いじゃないか。」と答えれば

「なぜ尊いの?」と問うことでしょう。

「人命は地球より重い」

そんな言葉!何度も聞いて知っているんだ。

「でも、なぜ尊いの?」

正真正銘の答えが知りたい。

「人生には意味があるのか」

「苦しくとも生きる価値があるのか」

混迷の度は増すばかりです。

 

■「誰もまだ自殺者自身の心理をありのままに書いたものはない……

 僕は君に送る最後の手紙の中に、

 はっきりこの心理を伝えたいと思っている。」

芥川龍之介が遺書として遺した

「或旧友へ送る手記」の冒頭の言葉です。

この後はこう続きます。

「君は新聞の三面記事などに生活難とか、

病苦とか、或は又精神的苦痛とか、

いろいろの 自殺の動機を発見するであろう。

しかし僕の経験によれば、それは動機の全部ではない。

のみならず大抵は動機に至る道程を示しているだけである。

少くとも僕の場合は唯ぼんやりした不安である。

何か僕の将来に対する唯ぼんやりした不安である。」

自殺の心理、現代が直面する問題に、

芥川は解明の糸口を与えてくれています。

芥川龍之介が「ぼんやりとした不安」と表現した心の闇を

鎌倉時代、仏教を日本の私達に明らかにされた親鸞聖人は

徹底して問題にされ、その解決の道を示されました。

 

その親鸞聖人の答えを、一日一回、20回のメール講座でお話しします。

ストレートで根本的なテーマですが、親鸞聖人はどう答えられているのでしょうか。

無料で受講できますので、こちらからどうぞ。

↓↓↓↓↓↓↓

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。