読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

一目惚れは、実は一目で惚れたのではなかった!?

f:id:kikuutan:20160708205419j:plain

 

【業界(4)】


あなたは「一目ぼれ」の経験はありますでしょうか。

一目見て、ビビッときた。

目と目が合ったときに、落雷が落ちたような衝撃、

そのときから恋におちた。。。そんな経験。

そんな人を「運命の人」と呼びますが、

その運命は、神や霊が引き合わせたのではなく、

ひとえに「己の業による」と仏教では説かれます。

 

一目見ただけで好きになる、から「一目ぼれ」というのですが、

実は「一目」ではないのです。

というのは、過去にその人と声がそっくりな学校の先生がいて

優しくしてもらった、とか

あこがれていた漫画のキャラクターにどこか表情が似ている、とか、

そう思わせた「何か」が好きになった本人にあるからです。

 

それが思い出せないことがほとんどなので、

「理由なく好きになってしまった」としか言いようがないのですが。

 

嫌いなのも、またしかり。

私なら小学校の時、屠殺場でニワトリを殺していた、

いがぐり頭のおじさんの顔が忘れられず、

今でも街で通り過ぎた人がなぜか不快に思えて、

「なんですれ違っただけなのにそんなふうに思うんだろう。」

と思い返してみると、

「あ~、あの時のいがぐり頭のおじさんと似てるんだ」

と思い出すほど、自分の中ではしみついてしまっているようです。

 

これなんかは自覚できる例ですが、自覚できないで、

「好き」「嫌い」と分別しているものの方がずっと多いでしょう。

たとえば自分はA美さんを一目見てビビッときた。

ところがそのA美さんを友人が見ても、

まったくときめかない、ということはあるのです。

「そんな人いたっけ?」で終わってしまう

その友人にはA美さんを好きになるような業を

持っていなかったということです。

 

過去、その人の思ったことや行動したことが

「業(カルマ)」の力となって

その人の心の蔵【阿頼耶識(あらやしき)】に蓄えられており、

様々な縁に触れるたびに運命を引き起こす、

とお釈迦様は説かれました。

 

その心の蔵には、自分のとうに忘れた過去の行為も

一切が記録されており、

それどころか生まれる前の過去世の行為も含めて、

何百年、何千年と集積しているのだと

お釈迦様は説かれています。

 

だから兄弟といっても双子といっても、

過去から蓄えてきた業は同じではなく、

したがって求めるものも嫌いなものも

各人各様となっていくのは、当然のことなのです。

 

時計の音も、

金持ちは、"チョッキン、チョッキン、チョッキンせい"と聞えるが、

貧乏人には、"シャッキン、シャッキン、シャッキンどうする"と

催促に思われる。

 

その人その人を取り巻いている世界は、

その人の業が生み出した世界なので、

「業界」と仏教ではいわれるのです。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。