親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

心の中を最も重んじる仏法

f:id:kikuutan:20081026120522j:plain

 

 


SNSやライン上での発言が、第三者の手によりリークされ、

不倫や不正が発覚する事件が相次いでいます。

「あんなメールを送らなければ良かった」

とどれだけ悔やんでも後の祭り、

そのメールは動かぬ証拠として衆の目にさらされ、

次々とリツイートされ拡散していき、

その後も何十年と検索すれば表示され続けるのです。

 

「一度発言したメールの内容を消すにはどうしたらいいか」

「完全消去の方法は」

という問い合わせは後を絶たないそうです。

 

このように世の中には、

「あんなことしなければよかった」

「こんなことを言わなければよかった」

と自己の言動を反省する人はあっても

「こんなことを思わなければよかった」

と自分の心の中を反省することはほとんどありません。

 

何を思っていようが、もう発覚することはないからと安心し、

「思ってしまったこと」は悔やむこともありません。

思ったことを取り消したいと苦悶している人もないでしょう。

 

ところが仏教では

「身業」(すること)、

「口業」(しゃべること)よりも

「意業」(思うこと)を最も重視します。

それは心が口や身体を動かす本体だからです。

 

人間は、自分の言うことやすることには慎重を期しても

思っていることについては軽視しています。

仏は逆で、その人の言動よりも、

本体たる心の中で何を思っているか、

ここを最も見つめておられるのです。

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。