親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

唯一見捨てない仏とは

f:id:kikuutan:20160723205114j:plain

 


とても人には言えない心を一人一人が抱えている、と

仏教では説かれています。

そのことを卑近な例で過去2回、お話いたしました。

 

親にも言えない、夫にも妻にも言えない、

こんな心を持っていることが知られたら、

みな「悪魔」と叫んで逃げ出すだろう、

そういう心を一人一人が持っていると、

親鸞聖人は言われているのですが、共感されますか。

それとも、それは言い過ぎだろうと思われますか。

 

心の中を見せたら、みな自分を見捨てて逃げ出すのがわかるので

その心を見せないよう、一生懸命口や態度を飾って、

見せないように隠して生活しています。

 

しかも、心を全部さらけ出したら、見捨てて逃げるのは

家族や友人だけではありません。

お釈迦様は、大慈悲の心を持たれた仏方も、

私たちの心を全て見通された結果、

とても手に負えないと見捨てられたのだ、と説かれています。

「三世十方の諸仏に捨て果てられたるわれら如きの凡夫なり」

と御文章にあります。

苦しんでいる人を放っておけない仏からも

見捨てられた「心」とは、いかばかりでしょうか。。。

 

全ての仏が見捨てられた、そんな私たちを

「必ず救う」と誓われたのが阿弥陀仏の本願です。

だからこそ釈迦は阿弥陀仏の本願一つを説かれたのであり、

親鸞聖人は阿弥陀仏の本願に救い摂られたとき、

「煩悩の塊である私を救うのはただ阿弥陀仏の本願だけだった」と

感泣されているのです。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。