読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

戦争を始める人の決まった言い訳

f:id:kikuutan:20161031214105j:plain

 

【智恵(4)】


■トランプ氏の支援演説した著名人が、

広島、長崎への原爆投下を指示したトルーマン元大統領を

「原爆を日本に落とすガッツがあった」と称賛、

それを受けてトランプ氏も「同じ決断をするだろう」と話したところ、

会場が喝采する場面が、5月頃、ニュースに流れていました。

(さすがに今の時期は、過激発言は自粛気味のようですが)

ひんしゅく買うどころか、喝采なのか、と驚きましたし、

怖ろしいなと感じました。

 

■アメリカ人への面接調査で、

日本への原爆投下は正しかったと答えた人は46%。

正しかった理由は「戦争を早く終わらせることができた」でした。

 

■フリッツ・フーバーは第一次世界大戦で毒ガスを開発した科学者で、

今日、化学兵器の父といわれます。

毒ガスが人道的に問題があると国際的な非難を浴びた際、

「毒ガスの使用で、戦争を早く終わらせることができれば、多くの人命を救える」

と反論しました。

アインシュタインは「君は天才的な頭脳を間違った方向に使っている」と諫め、

フーバーの妻クララも夫が毒ガス兵器の開発に携わることに反対し続け、

ついに抗議のために自殺しましたが、それでも毒ガス研究を続けました。

 

■“平和が大嫌い”と言っている者が、

戦争を始めるのではありません。

世界の歴史を見ると、

平和を強く叫んでいた者が、戦争を起こしています。

戦争を始める人の決まった言い分は「平和を守るため」です。

 

■よって、これはもう予言しちゃってもいいですが、

今後も人類の生存を脅かす怖ろしい兵器を開発する者たちの中で

「戦争を早く終わらせることができれば、多くの人命を救える」

と主張する者が必ずいるでしょう。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。