読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

自分を認めない者には我慢できないのが人間

f:id:kikuutan:20070929150726j:plain

 

【名誉欲(1)】


■今年、セブンイレブンの内紛劇、お家騒動が

マスコミを賑わせました。

「不徳の致すところです」と言いながらも、実際は

「今のセブンイレブンは俺が築いた、あいつが何したっていうんだ」

という一方の態度に、

「俺の今までの業績を認めてくれない、馬鹿にするな」

ともう一方がかみついたような展開でした。

 

■私が小学生だった時ですが、

クラスメートの他己紹介でうっかり私が

「○○君はドッジボールがクラスで一番上手い」

と発表したところ、

常々自分が一番上手いと自負していた△△君から

相当根に持たれた経験がありまして、

本質的には今年のセブンイレブン騒動も同じようなものだと

その時のことを思い出しました。

 

■人間は幾つになっても、

自分の才能や努力を褒めてもらいたいもので、

それを認めない者には我慢できない気持ちになるようです。

人間を根本的に動かしているのは「優越を求める心」だと

アドラーは言います。

 

親鸞聖人はご自身のことを

「悲しき哉、愚禿鸞、(中略)名利の大山に迷惑し」

と告白されています。

「“よく思われたい”

 “大事な人だと評価されたい”

 “頑張っていると認めて欲しい”

 “馬鹿にされたくない”

という名誉欲が山ほどあって、朝から晩まで振り回されている、

なんと情けない親鸞だなぁ」

とご自身の名誉欲の強さを痛烈に懺悔されています。

 

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。