親鸞に学ぶ幸福論

「そんなにしてまでなぜ生きねばならないのか」はっきり示した、メールdeで学ぶ仏教教室です。無料メール講座が好評です。受講者4000人。

ウソをついて結局は人一倍苦しむことになる人

f:id:kikuutan:20170817223229j:plain

 

【自業苦(3)】

 


蚕(かいこ)は自らの吐いた糸で作った「まゆ」に閉じ込められ

湯玉に煮られて死んでいきます。

 

人は自らの吐いた言葉に、己が縛られ、苦しみます。

これを仏教では『自業苦』といいます。

【自】らの【業】(口で言ったこと)が原因で、

【苦】しい運命がひきおこるのです。

 

一回吐いたウソにより、その後ずっと「ばれはしないか」と

苦しむことが、私たちにはあります。

そしてそのウソをごまかすために、ウソの上塗りをし、

苦しみを深めていきます。

日常の言動にも自信がなくなり、何か後ろめたく、

素直さやまっすぐさは消え失せ、

裏表のある顔つきになっていきます。

 

そのうち、どこまでウソをついているかも分からなくなり、

つじつまが合わなくなり「発覚」。

「あれ」も「これ」も全部ウソだったのかと

周りを傷つけ、信用をなくし、孤独になり、

いよいよ苦しみに縛られます。

 

自業自得の因果の道理は曲げられません。

自分の吐いた言葉が自分をしばり、

苦しみから抜け出せなくなるのです。

これを『自業苦』といいます。

自分の業(行為)によって苦しむから『自業苦』です。

この『自業苦』から『地獄』へと堕ちていく、と

釈迦は説かれています。

 

=========


仏教の教えをわかりやすく体系的にお話する

20回の無料メール講座好評配信中。